男性器が小さい理由について

成分、価格、口コミの観点からしっかりと検証したおすすめ増大サプリランキング。
実感度が高い人気10商品を厳選

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためには、男性器が小さい原因を知る必要があります。男性器が小さい原因は以下の3つです。

●生まれつき

男性器が小さい一番の原因は生まれ持った体質です。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長のように生まれもった遺伝で男性器の大きさが決まっているというわけではありません。男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することにより、これからいつでも男性器を成長させることができるのです。

●下半身の筋肉不足

下腹部の筋肉が弱い人やふとっている人は男性器が小さい傾向にあるのは、下腹部から男性器につながっている筋肉が少ないと言うことです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起状態というのは男性器を構成しているPC筋が緊張状態になることにより男性器が反り返ることにより勃起状態になります。

この男性器の根元にあたる筋肉が弱っていると男性器そのものが細くなりやすくなりますし、ギンギン具合もへたってしまうということです。

男性器を構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、男性器が大きく見えるようになります。

●男性器に皮がかぶっている

包茎状態というのも男性器を小さくしてしまっている原因の一つです。包茎というのは亀頭に皮が被っている状態です。

年齢が若い頃は亀頭に皮が被っているのは普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなるにつれて自然と皮がむけて普通の大人の男性器になるようになります。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

真性包茎というのはその名の通り常に亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎には種類がありますが、どの包茎でも亀頭に皮がかぶっている状態です。

亀頭に皮がかぶっていると、亀頭や陰茎の成長の妨げになってしまい、男性器が大きく成長しません。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。